• 顔のシミを消す化粧品 徹底比較ランキング

    1位 アンプルール
    美容皮膚科医 高瀬聡子医師がシミで悩んでいる女性のために開発したドクターズコスメ
    アンプルールの代表とも言えるスポット集中美容液ラグジュアリーホワイトコンセントレートは
    美容業界でも高い評価を得て話題になりましたね!
    「まるでシミの消しゴム」とまで言われていましたから(・ω<)
    わたしも使ってみましたが、使用感がすごくよくて刺激も全くなし!
    長く使うためには使用感も大切ですよね。
    保湿効果も優れているので、乾燥が気になる方にもかなりおすすめです!
    送料無料1890円のトライアルセット
    
    

    公式ページ


    2位 ビーグレン
    カリフォルニア大学薬学博士として長年活躍されたブライアン・ケアー氏が
    開発に携わった化粧品。ブライアン・ケアー氏は世の中の化粧品がそれほど効果を示さないことに疑問を感じ、
    成分をしっかりと浸透させることに着目されたそうです。
    さすが医学的な視点から開発された化粧品だけあって、効果を実感したという口コミが
    多いのがこのビーグレンの特徴ですね(^O^)
    美容液を付けた瞬間温かみを感じますが、刺激というほどではないです。
    365日返金保証を設けているのも、自信の現れでしょうね(・ω<)
    ホワイトクリームex1890円
    トライアルセットはこちら
    ↓
    浸透の実感!今までに体験したことがない効果の早さ。
    バイオ基礎化粧品b.glen 
    
    

    公式ページ


    3位 POLA ホワイティシモ
    美白・シミ対策の評価で常に上位をキープしているPOLAホワイティシモは根強い人気ですね!
    累計170万本出荷されているそうです!すごい(・∀・)
    
    POLAホワイティシモは「洗顔が美白ケアを左右する」と言い切るほど
    
    クレンジングと洗顔に力を入れている化粧品ラインです。
    
    まずは不要な角質をすっきり落とすこと、それから化粧水で成分を浸透させることを重視しています。
    確かに、美白マスクが同時に出来るという1品2役の美白フォーム(洗顔)の濃密な泡には本当に感動します!
    
    この洗顔を使っただけで肌がパッと明るくなるんですから!
    洗顔だけでも試してみる価値は十分ありますよ!
    POLA ホワイティシモ美白フォームディープクリアはこちら→ポーラのホワイティシモ
    
    

    公式ページ

  • ビーグレン 本音の口コミ

    ビーグレンの口コミって、
    みんな絶賛する声が多い。

    『実際どうなんだ??』と疑いつつ・・・
    でも、うちの母が「シミが薄くなった!」と珍しく
    化粧品をリピートしていたので、
    気になってトライアルを買ったのが、
    最初のきっかけです。

    CIMG1875

    そもそも美白の化粧品って、
    メラニンを作るのをブロックするもの

    つまり、シミを作るのを予防するものがほとんどですよね。

    結局、
    『今あるシミは諦めるしかないの??』
    と思っていました(T_T)

    でも、ビーグレンは、
    シミを薄くする漂白型の美白成分
    ハイドロキノンという成分を配合していて、
    このとっても浸透しにくいハイドロキノンを
    肌へ浸透させやすくした唯一の化粧品だそうです!
    頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen


    この
    シミを予防する
    のではなくて、
    シミを薄くする化粧品だと判って、
    がぜん、試すのが楽しみになりました(・∀・)

    CIMG1648

    しかも、今年になって、
    新成分を配合したラインも発売!
    point_white

    ハイドロキノンの美白ラインでも、
    1ヶ月くらいの使用で、
    シミが薄くなる効果を実感!
    CIMG2181
    なので、次は、
    新しいラインに試してみようかなとワクワクしています♪

    個人的には、
    シミを薄くしたい!と思っている方は、
    ぜひビーグレンを試してほしい!
    トライアルはお手頃価格ですし、
    試して損はないと思います(^^)


    カテゴリー: ビーグレン 本音の口コミ,ビーグレン 美白コメント(0)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    トラックバックURL: http://narfon.info/2014/10/15/%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%80%80%e6%9c%ac%e9%9f%b3%e3%81%ae%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f/trackback/